桑の葉茶の力を利用して糖尿病の対策を行なおう

女性

お茶で血糖値を下げる

栄養補助食品

カイコの食べ物である桑には血糖値を下げる成分があり糖尿病予防になる上に様々なビタミンやミネラルが多く含まれており多くの健康効果が期待できます。桑の葉茶は、これらの成分を効率的に摂れる上カフェインが無いので子供や妊婦さんの味方です。最近ではパウダータイプがあり気軽に取り入れる事が出来ます。

詳細を読む

健康になるお茶

ウエスト

桑の葉茶は、とても飲みやすいお茶でカフェインが入っていないので誰でも飲めます。腸内環境が整うので、便秘や下痢が治ります。そして糖尿病の予防にもなります。腸と肝臓が良くなるという事は、美容やダイエットにとてもいいことなのです。

詳細を読む

糖尿病や高血圧の予防

ボディ

糖質をブロックするDNJ

桑の葉茶は、糖尿病の予防効果のあるお茶として知られています。なぜ糖尿病を予防できるのかというと、DNJが含まれているからです。DNJとは桑の葉茶の特有成分で、糖質に似た性質があります。そのため糖質より先にこれを摂取しておくと、先に体に吸収されるために、その後に摂取した糖質が吸収されにくくなります。糖質が体内に過剰に吸収されることが糖尿病の原因となっているので、そのため桑の葉茶を飲むと、糖尿病が防ぎやすくなるのです。ただし先に糖質を摂取すると、当然DNJより先に体に吸収されてしまうので、桑の葉茶は食前に飲むことが大事です。食前酒のように少量を飲むのではなく、しっかりと飲むことで、DNJがしっかりと糖質をブロックするようになります。

食物繊維やフラボノイド類

桑の葉茶には、食物繊維もたっぷりと含まれています。DNJは糖質の吸収をブロックしますが、食物繊維は脂質の吸収をブロックします。脂質の過剰摂取は、肥満につながりますし、さらに血液中の脂肪濃度を上昇させることで、高血圧の原因にもなります。つまり桑の葉茶を飲むことは、肥満や高血圧の予防にも有効ということです。また、摂取した脂質の100%がブロックされるわけではないので、ある程度は体に吸収されます。しかしその脂質は、桑の葉茶に含まれている数多くのフラボノイド類によって、体内に蓄積しにくくなります。これにより、肥満や高血圧は、一層防ぎやすくなるのです。さらには桑の葉茶には、ビタミン類も豊富に含まれているので、それによる免疫力アップ効果も期待できます。

桑の葉で糖質カット

メジャー

桑の葉は昔から漢方薬として用いられてきました。ミネラルを豊富に含み糖尿病予防や血糖値コントロールの効能があります。桑の葉茶として飲用すると小腸から糖質を吸収するのを阻害する機能があるため、甘いものが好きな方のダイエット茶としてお勧めです。

詳細を読む